こちらのサイトでは、不動産投資に関する情報が紹介されています。閲覧することで、これから始めるにあたって必要な情報を得ることができるので、閲覧するのはおすすめです。
例えば、サラリーマンでも一棟マンションへの不動産投資は可能かという前提問題に関する話や、具体的な物件の選び方、どうやれば成功するのか、失敗事例など、豊富な情報が手に入ります。
失敗しないためにはこういった情報の取得はしておいた方が無難です。

サラリーマンでも一棟マンションへの不動産投資は可能?

サラリーマンでも一棟マンションへの不動産投資は可能? 一棟マンションを利用した不動産投資は、サラリーマンでも可能で、実際にそういった投資をしている方も増えています。
ただし、前提として資金を用意できなくてはなりません。この場合、自己資金で賄うことは難しいため、大抵の方はローンを組んで一棟マンションを購入することになります。
そのため、ローンの審査に通るかは重要となります。ある程度収入が安定していて、購入するマンションの評価が高い場合は、高額のローンでも審査に通過することはできます。
しかし、そうではない場合は、ローンを組むことは難しくなります。
いたずらに高額のローンを組んでも、返済ができなくなった場合にリスクが大きいですから、一棟マンションを購入する場合は、返済のことを考えて、自分で維持していけるかどうかを考えることが重要です。

一棟マンションは不動産投資の中でも大きな富を築ける可能性がある

一棟マンションは不動産投資の中でも大きな富を築ける可能性がある 不動産投資は大きな資金が必要となります。
対象となる不動産を取得する際に大きな設備投資費が必要で、多くのオーナーさんが銀行からの融資に頼ります。新築で土地と建物を購入する場合、とても大きな費用が掛かるため、長期での返済を余儀なくされます。
借りた資金を返済するのと共に大きな金利がオーナーの方に掛かってきます。
長期で不動産経営を継続する過程で、空室や家賃の引き下げも経験するでしょう。
また、10年、20年という一定期間で大規模な修繕も必要となります。
不動産経営の利回りは10%~12%程度と言われています。古い物件の空室率が高くなると収益率が悪化します。
稼働率が悪くなったマンションは経費が嵩み、とくに固定資産税の負担や修繕費、共益費が大きな負担となります。
新築とは異なり、中古物件の取得で利益が得られることもあります。マンション投資は必ずしも新築ではなく、中古一棟マンション買いも良いことがあります。
一棟マンションを中古で購入するメリットは、時価で売買されることから物件購入費が新築に比べて圧倒的に安く済みます。
土地の価格は日々変化しますので、交通のアクセスに優れたポイントのマンションであれば、値上がりする可能性があるため、売却により大きな利益が得られ、富を築くことが可能です。

おすすめの不動産投資関連リンク

金利0.5%~のファイナンスアレンジを武器とした戦略的不動産投資会社のサイト

不動産投資の利回りについて相談